Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【荷造編】スーツケースに荷物をコンパクト収納する5つのパッキング術

5つのパッキング術 旅行準備

海外旅行となるとどうしても荷物が多くなりがち。出発前からスーツケースが一杯になってしまうことがありますよね。

そんな時、持っていかない荷物を決めるのに悩んだり、大きいスーツケースを急いで購入したりする必要はありません!

スーツケースに収める荷物を「コンパクト」にまとめることで、同じ分量の荷物を同じスーツケースに効率的に詰めることができますよ〜。

そこでスーツケースへコンパクトに荷物を収納するパッキング術を、5つのポイントから紹介したいと思います!

【ポイント1】 スキマを埋める

限られたスペースを効果的に使う方法の一つが隙間を埋めることです。

旅行に持っていくものの中には、服や電化製品など様々な形のものが入り混じっているはず。スーツケース自体にも凸凹があるので、ぴっちり詰めたつもりでも意外と隙間ができてしまいます。

こうした隙間にはパズルのようにちょうどいい大きさのものを詰めていくのがコツ。シワができてもいい衣類や細長い形状のモノなどをはめていきましょう!

そうすることで限られたスペースを有効に使えるだけでなく、移動中に中身が動かないようになるため、大切な荷物を衝撃から守ることができます。

【ポイント2】 洋服はたたむのではなく丸める

スーツケースに洋服を詰める時は、普段洗濯物を片付ける時のようにたたんで入れてしまいがち。

でもたたんで入れてしまうと洋服がかさばるだけでなく、実はシワにもなりやすいのです💦

なので、洋服はたたむのではなく丸めて詰めるのがおすすめ!

丸めた洋服は隙間を埋めるパーツにもなるのでスペースの有効活用にもつながります!

【ポイント3】 箱や容器から中身を移し替える

海外旅行の際にお薬やシャンプー、化粧品など普段から使い慣れたものを持っていきたいことも多いはず。

そんな時は旅行日数に合わせて必要な分を小さな袋やコンパクトな容器に移し替えて持って行きましょう!

最初は必要な分量がわからず詰め替える作業が面倒に感じることもありますが、 何回か旅に出るうちに自分の荷物がコンパクトになったことに気づくはずです!

【ポイント4】 重いものは下に軽いものは上に

パッキングをする時にスーツケースの上下を意識していますか?

コンパクトに荷物を収める4つ目のポイントは、重たいものを下側(キャスター側)、軽いものを上側(上部持ち手側)に入れることです。

こうすることでスーツケースを持って移動する間に軽いものが重いものに圧迫されてしまうことを防げますし、スーツケース全体の重心が下がることで旅先での取り回しがとても楽になります!

【ポイント5】 ジップ袋やチャック袋でまとまりを作る

短い休みの限られた時間の中で、急いで荷造りをする方も多いのではないのでしょうか。そんな時はどうしても細かい荷物がスーツケースの中で散乱しがち。

でも細かい持ち物が雑然と詰まった状態では、荷物の間の隙間が沢山できてしまうだけでなく隙間の有効活用も難しくなってしまいます。

そこで、分散しがちな下着類や小物類などはジップ袋やチャック袋でまとまりを作りましょう!

まとまりを作ることで自分の持ち物が頭の中で整理されますし、旅先で荷解きをする時にも使いたいものがスムーズに取り出せるようになります。

旅行準備
スポンサーリンク
BOKUTABI
タイトルとURLをコピーしました