Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

飛行機の座席指定のコツ!いつからできる?おすすめの裏技を紹介!

飛行機の座席指定テクニック 旅行計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GWのようなハイシーズンでも希望の座席をゲットするには

海外旅行の楽しみの1つと言えば「飛行機に乗ること」ですよね♪

ボクナビもこれまで数えきれないくらい飛行機に搭乗していますが、滑走路を走り始めて離陸するときの「旅が始まるぞ~!」というワクワク感はずっと変わりません。

その離陸の瞬間には外が良く見える窓側の席に座っていることが多いのですが、きっとみなさんにもお気に入りのポジションやいつも指定する座席があることと思います。

しかし飛行機に乗ったことがある人なら誰しも座りたい座席が空いていなかったり、指定できなかったという経験がありますよね?

でも簡単に諦めないでください!

なぜなら希望の座席をゲットするチャンスは複数回めぐってくるからです!
この記事ではボクタビが飛行機に乗る度に実践している、狙った座席の落とし方を解説します~!

希望の座席を指定するタイミングは複数回ある

まずは航空券の予約時に指定しよう

最初のタイミングは、ズバリ飛行機のチケットを購入するときです!

航空券を購入したウェブサイトや旅行会社で座席指定ができる場合、このタイミングでしっかりと希望のポジションをおさえましょう。

ですが、一部の格安航空券では座席指定ができなかったり、指定できる範囲がとても狭かったりすることがあります。

それはなぜかというと、実は飛行機のチケットは同じエコノミークラスの中でも、割引率などによって細かく種類がわかれているんです。

割引率が高い格安な航空券ほど、希望の座席を予約購入時点で指定できない傾向にあります。

でもそんな時でも大丈夫!

希望の座席が指定できなくても、予約購入時の指定が無料の場合は一番マシな席を指定しておきましょう。

この時点では希望の位置が取れなくても、この後にも訪れるタイミングで指定しておいた座席を変更できます!

次のチャンスは搭乗2日前から24時間前

多くの航空会社では「オンラインチェックイン」のサービスを提供しています。オンラインチェックインとは従来では空港のチャックインカウンターで行っていたパスポート情報などをウェブ上で自分で登録するもの。

航空会社によってオンラインチェックインが可能になる時間はまちまちですが、大体搭乗日の飛行機出発時刻から起算して2日前(48時間前)から1日前(24時間前)に始まるところが多いです。

このオンラインチェックインこそが希望の座席をゲットする絶好の機会です!

航空券の予約購入時にはほとんど選択肢がなかった人も、オンラインチェックインでは選択できる座席が広がっていることが多く、通路側や座席側、飛行機の前方や後方など自分の希望の座席を指定しましょう。

飛行機チケットの予約購入の時点で適当な座席をしていた人も、このタイミングで忘れず指定位置を変更しておきましょうね!

直前の座席指定は空港に着いてから

オンラインチェックインでは航空券の予約購入時に比べて選べる範囲が広がっていることがほとんどですが、全ての座席が指定可能なわけではありません。

ゴールデンウィークや連休期間のように搭乗する便が混雑しているときなどは、指定できる範囲があまり増えないこともあります。

そんな時には出発当日に空港のカウンターで通路側や窓側など希望の座席が空いていないか確認してみましょう!

飛行機の一部座席は空港で当日にならないと指定できない設定になっていることがあり、当日解放される座席が良席のこともあるからです。

また、当日空港で希望の座席を狙いたい場合は早めに空港に到着するようにしましょう!

飛行機にの搭乗者には座席が未確定な人もいますので、空港のチェックインカウンターが開いた直後の方が残っている座席の数も多く、希望の座席が指定できる可能性も高まります。

希望の座席を指定して海外旅行を目一杯楽しもう!

海外旅行となるとフライトの時間が長くなりがち。自分の希望する座席を取れるか取れないかは疲れ方も全然違います。

家族や友達と旅行に行く時には近くの座席に座れた方が旅の思い出も深まるはず。

飛行機のチケットを予約してから実際に搭乗するまでにやってくる複数のチャンスを活かせば希望の座席をゲットできます!

離陸から着陸まで海外旅行を余すことなく楽しみましょう♪

旅行計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BOKUTABI
タイトルとURLをコピーしました