初めてでも大丈夫!安心安全な海外旅行をするために気を付けたいポイント

海外旅行の安心安全海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外旅行に潜む危険を回避するために注意したいこと

2019年5月には10連休のゴールデンウィークです!この大型連休をどう使おうか考えるだけでワクワクしますよね。

このGWを利用して初めて海外旅行に行く予定の方も多いのではないでしょうか。

でも海外と聞くと「犯罪が多そう…」「治安が悪そう…」など、安全に旅行できるのか不安に感じることもあるでしょう。今回の旅行が初めての海外という方はなおさらです。

日本人が海外で遭う犯罪の多くが、スリや置き引きといった「自分で注意をすれば未然に防げる」トラブルです。

海外旅行で遭遇する危険の多くは、傾向を事前に把握しておくことで回避することができます。

そこでこの記事では海外旅行を安心安全な旅にするために気を付けたいポイントを解説します!

鉄道駅や有名観光地では観光客が狙われている

日本で治安が悪い、犯罪に合いやすいエリアというと、道が暗かったり人通りが少ない場所をイメージしますよね。でも海外ではその正反対である鉄道駅や人がたくさん集まる有名観光地で被害に遭いやすいのです。

それはなぜか。

駅や観光地には必ずのほほんとした観光客がいるからです。笑

スリや置き引きを狙う泥棒の視点からすれば、獲物となる観光客が多数集まってくるエリアは最高の狩場です。

観光客である私たちも鉄道駅では目的の電車に乗るのに必死だったり、有名観光地では絶景に興奮したり写真を撮るのに夢中になりがちです。

犯罪者側はそういった事情を熟知しているので、鉄道駅や有名観光地での被害が多発するのです。

日本では知らない人でもみんないるとなんか安心するという感覚がありますが、海外では人が集まるエリアに入ったら警戒レベルを上げることが必要です。

海外で「リュックが危険」は間違い

ボクタビがよく友人や知人から質問されるのが「海外でリュックって狙われやすいんでしょ?」です。

答えはもちろんNOです!海外で危険なのはリュックではなく、「バッグを無防備に持ち歩いている」行動そのものです。

むしろボクタビは自身の経験から、海外旅行でこそリュックをおすすめしたいと考えています。

その理由は両手が自由になることとバッグの口がしっかりと閉まることです。

海外旅行では重いスーツケースを運ばなければいけなかったり、お土産を買い込んで手提げ袋が沢山になったりする場面が多くあります。

スリなどの犯人はこういう時を狙って近づいてきます!

両手が空くリュックであれば身軽に動くこともできますし、背負ったままでは危険と判断される雑踏の中などでは前に抱えることもできますよね。

またスリの手口の1つとして、バッグの生地をヘアピンほどの小さなナイフで切り裂き、中から財布だけを抜き取るといった被害が報告されています。

こうした被害に遭わないためにも生地のしっかりとしたリュックを選ぶことは防犯対策として有効です。

親しげに声をかけてくる人や日本語が上手な外国人はまず疑う

人との出会いは海外旅行の魅力の1つですよね♪

でも中には悪意を持って近づいてくる危険な人物もいるのが実情です。街中で親しげに声をかけてくる人ややけに日本語が上手な外国人がいきなり現れた場合には注意が必要です。

こう言うと「海外で話しかけてきた人は全て怪しい人物と考えよ」という意味によく勘違いされがちなのですが、そうではありません。

現地に行けば心からの親切で困った旅人を助けてくれる人もいますし、話を聞いてみれば猛烈な日本のアニメファンだったりすることもあります。

しかし、初めてその国を訪れた私たちにとって、話しかけてきた人が良い人なのか悪い人なのか即座に見分けるのは困難です。

もちろん怪訝な態度を取ったりする必要はありません。むしろ笑顔で穏やかに応対しましょう!

旅行者を騙そうとしてくる怪しい人物の特徴は、誘い出す、危機感を煽る、脅すといった言動を取ることです。

こういった言動が見られたらすぐに離れましょう。こうした言動が見られずこの人は信用できるなと思ったら、現地での良き出会いを楽しめばいいのです♪

肝心なのは最初から信用しきったり、相手の言われるとおりに行動しないことです。

仲良くなるのは少し相手の様子を見てからでも遅くありませんよ!

安心安全な海外旅行に出かけよう!

日本は確かに世界で一番安全な国です。

ですが海外には想像を超える感動やワクワクや発見があなたを待ち受けています。

この記事を読んで「海外=危険」ではなく「自分で気を付ければ安全な旅ができるんだ」と思っていただけたら嬉しいです!

注意すべきポイントをおさえて、安心安全な海外旅行へ出かけましょう!

海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BOKUTABI
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました