吉本の小林良太弁護士の経歴や年収は?顔面偏差値も高いエンタメロイヤー!

吉本の小林良太弁護士の経歴や年収は?顔面偏差値も高いエンタメロイヤー!芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク

所属タレントによる闇営業問題に関連した宮迫博之さんや田村亮さんの会見を受け、
2019年7月22日に吉本興業が記者会見を開きました。

会見には岡本昭彦社長のほか吉本興業ホールディングスの法務本部長である小林良太弁護士が出席し非常に注目を集めました。

小林良太弁護士は会見での受け答えで、ロンブー亮の自ら謝罪を希望する気持ちを「錯乱」と表現したほか、
記者の質問で追い詰められるとマイクを持つ手が震える様子が生中継され、一気に話題となりました。

明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰さんは会見の前日にツイッターで「吉本の弁護士が糞であることは疑う余地がない」と切り捨てていましたが、
吉本興業の顧問弁護士である小林良太氏とはどんな人物なのでしょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉本興業の顧問弁護士「小林良太」の経歴や学歴は?

吉本興業の顧問弁護士「小林良太」の経歴や学歴は?

小林良太氏は顧問弁護士として2017年1月から吉本興業の法務本部長に着任しています。

また法務本部長以外の役職として株式会社よしもとミュージック取締役も務めており、
吉本興業全体の組織運営において重要な役割を果たしている人物であることが伺えます。

名前|小林 良太(こばやしりょうた)

役職|法務本部長(吉本興業ホールディングス)、取締役(よしもとミュージック)

職業|弁護士(東京弁護士会)

弁護士登録番号|44027

小林良太弁護士の「エンタメロイヤー」としての経歴

小林良太弁護士の「エンタメロイヤー」としての経歴

小林良太弁護士は自身のことを「エンタメロイヤー」と呼称しています。

エンタメロイヤーとは「エンターテイメント」と「ロイヤー」を掛け合わせた言葉で、エンターテイメント業界に精通した専門の弁護士・法律家を指す用語です。

2004年にはエンターテイメント業界に精通した法律家の連携や育成などを行なう団体「エンターテイメント・ロイヤーズ・ネットワーク」が設立されており、ここ数年で注目が高まっている職業です。

小林良太弁護士は吉本興業ホールディングスの顧問弁護士であり、今回の騒動や会見への対応をハンドリングする立場はまさにエンタメロイヤーの役割そのものですね。

弁護士事務所を構えて活動を行なっているのではなく、企業内弁護士(インハウスロイヤー)として活躍されているようです。

スポンサーリンク

小林良太弁護士の学歴や出身大学は?

小林良太弁護士の学歴や出身大学は?
出典:oricon.co.jp

⼩林良太弁護⼠の学歴や出身大学については様々な憶測が飛び交っており、現状では確証に足る情報は出回っていません。

ただ、弁護⼠であれば、⼤学を法学部で出ているか、法科⼤学院を卒業しているかのどちらかということになりますね。

岡本社長の会見での受け答えや手が震える様子を見ていて気になるのは⼩林良太氏の弁護実績です。

弁護士はだいたいホームページなどを持って様々な場での活動実績をアピールするのが一般的ですが、小林良太氏については自身のホームページもなく、吉本興業以外での活動の形跡がありません

小林良太弁護士の吉本興業での年収額はいくら?

小林良太氏は吉本の顧問弁護士に加え、よしもとミュージック取締役を務めているとのことなので、年収1,000〜2,000万円程度が想定されます。

上で紹介したように小林良太氏は吉本興業以外での弁護士としての目立った活動がなく、若い頃から吉本のお抱え弁護士として昇任してきた可能性も考えられます。

中には外部で活動する必要がないくらい、吉本興業から高収入を得ていると見る意見もありますね。

スポンサーリンク

小林良太弁護士は顔面偏差値が高いイケメンロイヤー!?

小林良太弁護士は顔面偏差値が高いイケメンロイヤー

小林良太弁護士に対する弁護能力や学歴を疑問視する意見が多く出ている一方、
顔面偏差値が高いイケメン弁護士としての話題も盛り上がっています。

見た目は若そうで30代に見えなくもないですが、顧問弁護士や取締役といった役職についていることを考えると、実際の年齢40~49歳といったところでしょうか。

顔はイケメンだけど小林弁護士の話し方は不評

顔はイケメンだけど小林弁護士の話し方は不評

イケメン弁護士と話題になっている小林良太法務本部長ですが、
「話し方」に関しては不評の意見が多く見受けられます。

確かに会見の様子を見ると「あー」や「えー」が多用されていたり、ツバの音がマイクにのってしまっていたのは事実ですが、弁護士は芸人とちがってトークのプロではないので、あまりに細かく突っ込まれるのはかわいそうな気もします。

とはいえお笑いの天下吉本の顧問弁護士なのですから、もう少し堂々とはっきり発言をしてほしいものですね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BOKUTABI
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました